最近の記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ



2011年05月02日

行動分析学でダイエット 体重とカロリー接収量の具体的な目標設定

「行動分析学でダイエット」シリーズ、今日は目標設定のための第一歩です。
まず、自分にあった体重(標準体重)と現在のカロリー摂取量について把握することから始めましょう。

標準体重はいろんな基準が提案されていますが、現在最も信用されているのはBMIから算出した体重です。

1994年にWHOから発表された基準によりますと、
BMIは体重(kg)÷身長(m)x身長(m)で算出されます。
男性の理想値は22、女性は21といわれています。

最近の研究では、日本人をはじめとするアジア人ではこの基準より高めの値の方が長生きだといわれています。

この式に自分の身長と体重をあてはめて、目標の体重と現在の体重の差を計算して下さい。
この差が目標とする減量値となります。

次に現在の毎日の摂取カロリー数を算出して下さい。
これも参考になるホームページがたくさんありますので、参考にして算出して下さい。
(この話を書くと大変な量になるので今回は省略します)

次に標準の摂取カロリー数を示します。
日々の運動量に相関します。

女性
   軽い   中程度  やや重い 重い
20代 1800kcal 2000kcal 2400kcal 2800kcal
30代 1750kcal 2000kcal 2350kcal 2750kcal
40代 1700kcal 1950kcal 2300kcal 2700kcal

男性
   軽い   中程度  やや重い 重い
20代 2250kcal 2550kcal 3050kcal 3550kcal
30代 2200kcal 2500kcal 3000kcal 3500kcal
40代 2150kcal 2400kcal 2900kcal 3400kcal

現在の摂取カロリー量から標準カロリー摂取量を差し引いた値が、減らさないといけない摂取量になります。

例えば、150kcalとすると、一日ご飯一杯分減らすことになります。

今日は、目標の体重と一日の目標摂取量の算出を行いました。
これは大変重要なことなんです、
というのも、人は「目標設定が具体的なほども拠標を成功しやすい」というのが多くの研究で明らかになっているからです!

次回は、さらにダイエットに必要な行動を明確にしていきます。



【合わせて読みたい「メタボリックシンドローム・ニュース」の記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。