最近の記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ



2011年07月06日

行動分析学でダイエット 現状分析

行動分析でダイエット シリーズ
今日は、現状分析です。

問題を解決するには、現状のなにが問題かを明確にしないといけません。

ダイエットの場合、以下の二つが問題となります。

1、現在の食生活
2、運動の有無


1、現状の食生活

1−1、カロリー
 自分の年齢、性別、職業で必要なカロリーに対し、どれくらいのカロリーを摂取しているか。
 この引き算で、カロリー摂取量が過剰であれば太ります。
 過剰量を減らせば体重は増えなくなります。
 きわめて明確です。

1−2、食べる時間
 夜9時過ぎて食べる人は要注意です。同じカロリーでも夜食べると太りやすいです。

1−3、脂質を食べ過ぎ
 炭水化物や脂肪分の多いものを食べるとカロリーが簡単にオーバーしやすいです。逆に野菜などはおなかが膨れる割にカロリーが少ないので太りにくいです。

2、運動

2−1、運動時間
 週3日以上、運動を30分することで大切です。まったくしてない人は太りやすいです。

2−2、運動の質
 激しい運動は必要ありません。30分間歩くだけどOKです。仕事中の階段の上り下りなどはあまり運動になりません。連続した運動が効果的です。


簡単なことですが、どれもできてない方は、ダイエットは難しいです。
 
 摂取カロリー − 運動消費カロリ が0より大きいと太り、0より小さいと痩せてきます。

まず、現在の問題点をしっかり把握して下さい。



【合わせて読みたい「メタボリックシンドローム・ニュース」の記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213430024

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。