最近の記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ



2011年10月21日

うま味感度障害と肥満の関係

10月20日に開幕した日本高血圧学会で、
うま味に対する感度が低下すると甘味嗜好が強まり、肥満になりやすい可能性があることが発表されました。

うま味を感じやすいヒトでは、肥満の傾向はなかったが、
うま味を感じにくいヒトでは、肥満の傾向が認められたそうです。

また、
うま味感度障害群では対照群に対し甘味嗜好が有意に高かったことから、
「うま味感度障害があると甘味嗜好が強くなり、肥満を呈する可能性がある」ようです。


「自分は甘いものが好きだ」という方は、うま味の感じ方をテストしてみてはいかがでしょうか。

(この発表で行われたうま味検査)

「味の素溶液を5段階の濃さ(0.03%、0.1%、0.25%、0.5%、1%)で作成し、薄いものから順に口腔内に1mL滴下し、最初に味を感じた段階をその人のうま味感度閾値とした。本検討では、0.03%で味を感じた26人を対照群とし、0.1%以上の濃度で味を感じた22人をうま味感度障害群と定めた。」


タグ:肥満 うま味




【合わせて読みたい「メタボリックシンドローム・ニュース」の記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。