最近の記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ



2007年11月10日

睡眠時間が短い子供は肥満になりやすい

睡眠時間が短い子供は肥満になりやすい傾向にあることが発表されました。

小学3年生(9歳)の時点で睡眠時間が短いと、6年生(12歳)になった際に肥満になりやすい傾向にあると、米ミシガン大学の研究者が専門誌に研究結果を発表した。
睡眠時間が短い子供は肥満になりやすい傾向に、米研究

3年生の時点で睡眠時間を10─12時間とっていた子供たちのうち、6年生で肥満になったのは12%だったが、睡眠時間が9時間以下の子供たちは、22%が6年生で肥満になったという。

9時間というと結構長い様に感じますが、
そもそも昔の子供は、夜9時くらいから寝てました。
現在はTV番組の影響で睡眠時間が短くなっているように思います。
この際、TVを消して、子供と一緒に早く寝て、メタボリックを解消してみませんか。



【合わせて読みたい「メタボリックシンドローム・ニュース」の記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65715219

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。