最近の記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ



2007年11月28日

抗肥満薬「リモナバント」にうつ病と不安のリスク

怖いニュースが飛び込んできました。

減量薬rimonabant(リモナバント)の使用によって、重症のうつ病および不安のリスクが高まるという研究結果が、英医学誌「The Lancet」11月17日号で報告された。
【今日のニュース】承認足止めの減量薬にうつ病や不安のリスク

rimonabant投与群ではプラセボ群に比べて年間約15ポンド(約6.8kg)の体重減少が認められたものの、有害反応の発生率も40%高かった。これらの臨床試験では、抑うつ症状のある患者は対象とはなっていなかったにもかかわらず、rimonabant投与群のうつ病による服用中止率はプラセボ群の2.5倍、不安による中止率は3倍であった。

それでなくとも肥満の人は、うつ病の発症が高いという報告があります。
その人がこの薬を飲むと更にリスクが高まる可能性があるということです。

今年(2007年)6月に米国食品医薬品局(FDA)諮問委員会は、同薬が自殺念慮(ねんりょ)のリスクを増大させる懸念があるとして、肥満治療薬としての承認を否決している。製造元の仏サノフィ・アベンティス社は「適切な患者で使用すればリスクよりも便益が上回る」としている。

薬にはリスクとベネフィットがつきものです。
あなたはどちらをとりますか?



【合わせて読みたい「メタボリックシンドローム・ニュース」の記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

精神疾患と肥満、どちらが先?
Excerpt: うつ病などの精神疾患と肥満についてのニュースです。 精神疾患患者はやがて肥満になるリスクが高いようだ ロンドンの公務員4300人以上を19年間追跡調査した結果、...
Weblog: うつ病ドリル
Tracked: 2009-11-06 00:49

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。